nemo創作インタビュウ その5

前回までのインタビュウその4

4meri2

「半径1メートル以内で起こることから、作品を作る」(宝子)


― 改めて『ビーーーム』はどんな作品でしょうか。

宝子:ある1人の男の物語です。半径1メートル以内でおこる普通のことに注目して作っています。

 神話をモチーフにしているとのこと。神話を選んだ理由は?

宝子:人間のおこない、というと大げさですが、戦争が起きたり、政治に翻弄されたり、ただ生きていたいだけの私にとって世の中には「やっかいごと」が多過ぎる気がします。なんでこうなっちゃうのか、昔から疑問なんです。
そんな時、ふと本で神話を読んだら、どうやら昔からそんなことが繰り返されているようで。解決したいというわけでは無いけれど、「やっかいごと」が繰り返されている世の不条理を浮き彫りにしてみたいと思ったんです。

― 「半径1メートル以内」という表現はリアリティがあるかと思います。あらためてどんな人に見てもらいたいのでしょうか。

青山:僕らは、「半径1メートル以内」を自覚的に見つめているけれど、自覚のない人には伝わらないかもしれない。また、誰かの日常と考えていることが必ずしも、他人の「半径1メートル以内」でないかもしれない。わかる人とわからない人は出てくると思います。

東洋:僕の中では、自分の周りの世界に立ち止まって「ちょっとおかしいぞ」って疑問を持って見ている人を想定しています。逆に、立ち止まることも無いような強靭な人を振り向かせる意欲は無いですね。僕は、東京にいて心が揺らぐってことが時々あります。日常において違和感、不安感を少しでも感じたことがある人なら、共感してもらえるのでは無いでしょうか。
僕としては、「心の揺らぎを感じてる人への作品」と考えています。

軸を持ちながらカタチを日々変えていく


― 色んな作り方やテーマがあるようですが、どのようにまとめていくのでしょうか。

東洋;今回、凄く努力をしているのが、多くの人が流れを掴めるような工夫の数々。アオケンが作ったいくつかの「短い物語の筋」もそのひとつになると、考えています。

僕が言った「心の揺らぎ」を少しでも感じている人なら、受け止めやすいものになるかと。もちろんメロディ的にわかりやすく伝えるだけでなく、多様な要素をオーケストラのように響かせたいとは思っていますが、あえて今はメロディ作りを大切に考えています。

― つくっていく中で、変わっていくこともあると思います。このまま本番まで進んでいきますか。

東洋:全然違うことになっていても面白いですね。

青山:そう思います。

宝子:(笑)

 

◆ライターより◆

人間の関係から改めて見つめ直しながら、それを楽しんでいるようでもある彼らの言葉は、
一見面倒臭くも感じますが、「作品作りのために新しい方法を作る」という意思を感じます。
日々、エンターテイメントの世界で仕事をしているからこそ、あえて原点に立ち戻っているのかもしれません。「他に合わせスピードを落とさなくてもたどり着くはず」「勝手にやりながら、軸をしっかり据える」など、非常に難しい課題を、さらっと目指しているのかもしれません。

青山健一の絵画的なプロジェクション、吉田省念の上質なポップミュージックは実際にどんな風に作品を彩るのか。半径1メートル以内の世界と神話がどんな風にカタチをつくるのか。
煽りのような予想は乗り越えられてしまいそうですが、さて、公演はどうなるのか。
見終えてから、もう一度話を聞きたいと思います。

長文、お読みいただきありがとうございました。

 

◆nemoビーーーム情報ページ

◆チケット購入(e+)

 

<nemo創作インタビュウ>

その1 従来と異なる作品創りを選ぶことになった経緯

その2 「社会的になった4人の原始的な中身を知りたい」(宝子)

その3 「神話をやるってなったら、ストーリーが必要」(青山)

その4 「得体の知れないものの得体を知りたい」(青山)

その5 「普通の半径1メートル以内で起こることから、作品を」(宝子)

コメントを残す